だるい・疲れやすい悩み解決サイト

更年期障害とは?

更年期障害という言葉をよく耳にしますが、一般に更年期とは40代後半〜50代前半のことを指す言葉として知られていますが、とくに何歳から何歳までといった決まりはなく、閉経前後5年ぐらいの年齢が、多くの女性が40代後半であることから、40代後半〜50代前半が更年期といった認識が強いようですね。

 

もちろん、閉経の年齢には個人差がありますので、更年期には格差が生じてきます。
一時期、アラフォーという言葉が流行して、30代後半から40代前半を指す言葉として定着しましたが、更年期とはこの言葉を借りるならば、アラフィフの年代に相当すると考えて良いでしょう。

 

更年期に多く見られる更年期障害は、女性の体の変化を表す言葉であり、更年期の女性には、さまざまな不快な症状をともなうことがありますが、更年期障害という名前の病気ではありません。

 

女性の妊娠・出産年齢は、女性の社会進出にともない、晩婚化とともに年齢が下がってきていますが、かといって更年期と呼ばれる年代は下がるわけではありません。
それどころか、近年は若年性更年期障害という言葉もあるほどで、更年期が低年齢化しています。

 

更年期は、わかりやすく言えば、思春期と同様に、女性ホルモンバランスの変化により、体の状態が変化することを指します。
更年期障害という言葉の響きからは、なんとなくマイナスイメージがつきまといますが、気持ちを前向きに持ち、更年期を明るく過ごせるようにしたいですね。

 

更年期障害とエストロゲンの関係

更年期障害は、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が減少することにより、ホルモンバランスを崩してしまい、心身にさまざまな不快な症状が起こる原因とされています。
エストロゲンという言葉を耳にしたことがある方も多いと思いますが、わたしたち女性の健康維持には、女性ホルモンのエストロゲンが必要不可欠です。
エステロゲンのおもな働きは、丸みを帯びた女性らしい体つきを作り上げ、髪はお肌の潤いなどを与える作用があるとされています。つまり、女性が女性らしい体を維持していく上で、エストロゲンなしでは考えられません。

 

エストロゲンの持つ作用により、規則正しい月経のリズムを生み出し、妊娠・出産しやすい健康な体を維持しています。
さらに、カルシウムの形成・吸収を適度に調節する作用により、骨密度を安定させる作用もあるとされています。

 

更年期になると、骨粗鬆症になる女性が多いとよく言われているのは、実はエストロゲンの減少が原因です。この他にも、コレステロールの増加を抑え、血管の健康状態を維持するにもエストロゲンの作用によるものと考えられています。

 

更年期になると、エストロゲンの分泌量が次第に少なくなり、精神的にもイライラしたり、ヒステリーになることがありますが、これは、エストロゲンの分泌量の減少により、精神の安定との関わりを持つセロトニンの分泌との関係が深いものと考えられます。

 

女性ホルモンのエストロゲンとセロトニンの分泌量は、比例関係にあるとみて良いでしょう。

エストロゲンの補給について

更年期にともなう不快な症状について、女性ホルモンのエストロゲンの減少が原因なので、単純にエストロゲンを補給すれば、症状が改善されると考えがちですよね。
更年期障害の治療では、エストロゲンをどのように補給していくかが、重要ポイントになります。

 

更年期障害の治療法について、医療機関ではホルモン補充療法と呼ばれる方法が用いられることがあります。エストロゲンを補給する治療法のひとつとして行われていますが、危険性が高いとも言われており、慎重に対処する必要があります。

 

自然の食材には、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た作用を持つものもあります。
とくに、注目していただきたい食材は、大豆とざくろです。
大豆加工食品の中では、豆乳がとくに女性に人気が高く、豆乳をそのまま飲むよりは、豆乳でドリンクを作ったり、野菜スープや豆乳鍋にして摂取するなど、レシピを工夫すればおいしくいただけます。

 

大豆に含まれている大豆イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンとよく似ており、ざくろも同様です。大豆イソフラボンは、植物性エストロゲンとも呼ばれており、副作用がないので安心ですね。

 

大豆加工食品の中でも、豆腐は低カロリー食材で、とてもヘルシーです。
更年期でもうひとつ注意が必要なのが、やせにくく太りやすい体質になりがちなことです。これは、加齢とともに、基礎代謝が低下することにより、同じダイエット法をしていても、20代の女性と40〜50代の女性とでは、基礎代謝の違いにより、体脂肪が落ちにくくなります。

 

ふだんの食生活の中で大豆食品を積極的に取り入れることにより、女性ホルモンのエストロゲンの補給ができるとともに、中年太りを解消することにもつながります。

 

更年期には、精神的に不安定になることもありますので、精神を安定させるために良い食材を取り入れることも必要です。ふだんから、小松菜、ブロッコリー、にんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜を積極的に食べて、ビタミン不足やミネラル不足、カルシウム不足にならないように心がけましょう。

 

更年期になるとイライラしたり、泣きたくなったり、感情の起伏が激しくなることがありますので、カルシウムをただ補給するだけでなく、女性ホルモンのエストロゲンの作用があってこそ、体内にカルシウムの吸収力がアップしてくるということを理解しておきましょう。


口座開設方法